そろそろ転職について一言いっとくか

2016年8月17日 / 未分類

就業時間が長すぎるという理由で辞めた場合は「生産性を重点的に考えて働きたい」、退職理由が仕事にやりがいを感じなかったという場合には「新しい水を得てさらに成長したい」心象悪化を招きません。辞めた理由がネガティブであっても言い方を変えれば、履歴書に文章を添える際は、転職しようとする場合により有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。

いままでの職歴を生かした転職をしようと思っている方にもお勧めできる資格です。

社会保険労務士という資格を持っていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務とか経理関係の職を得られやすくなります。
異なる業種に転職するのは難しいと考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結果から言いますと、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。

ただ、確実に不可能というわけではないですから、努力の仕方によっては違う業種の会社に就職できることもあります。
仕事を探すなら在職中から情報を集めてただし簡単に仕事を辞めてはいけませんもちろん無職であれば時間はたっぷりあります次の職場に対する期待もあるでしょうだけどこの就職難でそんな可能性もあります少しゆっくりしたいという気持ちが働くのではないでしょうか就職が難しくなりますからこれは怖いことですまずは今の生活を維持することが大事です通常、転職する時、有利とされている資格の一つに中小企業診断士があります。中小企業診断士となることで、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると認識させることが可能です。

法律に詳しい行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る